ベランダー

多肉植物を購入したい人へ【良いものを選んで、健康に育てる】

更新日:

多肉植物を買いたいけど、どこで買えばいいんだろう?、どんなのを買えばいいのか分からないし…やっぱり、やめとこうかな。。

はい、そんな悩みを抱いている画面の向こうのあなたに向けて、この私、Resからとっておきの情報があります。

なんと、この記事を見れば、幽遊白書の蔵馬が使っている魔界植物ばりに元気な植物を選んで、ステキなベランダーライフを送ることができます!花屋から、ホームセンター、専門店、ネット通販店、ヤフオクまで購入経験があるので、それぞれの特徴などもお教えしましょう。

…前置きが長くなりましたので、さっそく紹介していきます。

 

多肉植物はここで買おう

多肉植物の購入場所をそれぞれ紹介していきますが、前提条件が1つあります。

それは、多肉植物以外でも植物を購入する時期は春か秋が良いということです。

理由は2つあります。春と秋に植物の品数が多くなること夏と冬は植物の環境変化に対する適応力が弱まっているからです。

植物を購入するさいは、このことを覚えておくといいでしょう。

花屋

最近は小さな町のお花屋さんでも多肉植物を扱うようになってきました。ただし、取り扱っている品種はたいてい数種類くらい。あなた好みの植物を購入できるかは運次第になります。

ホームセンター

ホームセンターにも、多肉植物コーナーを設けているところがあります。普通の花屋より、置いてある種類も多いですので希望する植物が見つかるかもしれません。注意点としてホームセンターの店員さんはほとんどがアルバイトです。何か尋ねても正確な答えが返ってくる可能性は低いので、気を付けましょう。

多肉植物の専門店

取り扱っている品種は多く、店員さんも知識や経験が豊富で熱心な人が多いです。特に、初心者は専門店で買うのがベスト。近所になかったとしても、遠出してでも見に行く価値はあります。育て方について質問もできるので、いきつけの店が1つあると安心できます。

ネット通販

ネット通販なら、探せばたいていの品種は見つかります。しかし、実物を確かめられないので不健康な個体が届く可能性も…その店の口コミを調べて、信頼できそうな店で購入しましょう。

ネットオークション

日本だとヤフーオークションが有名です。ネット通販でも取り扱っていないような希少種が、相場より安く手に入る可能性もあります。しかし、品種名を偽る人、値段を複製アカウントで釣り上げる人、実物の面影がないくらい写真を加工する人など、詐欺ギリギリの手法を使う人たちも多いです。

最低限、出品者の評価、買いたい品種の過去相場は確認しておきましょう。それを確認しても、希望したものが届くとは限りません。ご利用の際は自己責任で。

以上が、多肉植物を購入する場所です。

ちなみに、百円ショップで売られている多肉植物については、正直買うのはおすすめしません。エアコンがガンガン効いた環境で、ろくに世話もされていない場合が多いです。やめておきましょう。

 

多肉植物を購入するときの8つのポイント

 

お店にいって実物を見ながら選ぶとき、同じ種類の植物がたくさんあると、どれを選ぶか迷いますよね?

ここでは、そんなときに見るべきポイントを全部で8つ説明していきます。

植物について

○全体的な雰囲気をまず見よう、一目見て元気そうな個体から細かい部分を見ていくのがおすすめです。

○葉っぱがギュッと締まっていて、葉と葉の間が詰まっているか見ます。葉の向きがおじぎのように下向きになっていないかもチェックしましょう。

○葉っぱが柔らかかったり、ヒョロヒョロだったり変色しているものは選ばないようにしましょう。

○次は根元をチェック、根元に近い葉っぱが枯れていないかと、根元の茎をさわって株がグラグラしないことを確かめます。

土と鉢について

○表面の土をよく見て、カビが生えていないか、変色してないか、虫がいないかを確認します。

鉢と株のバランスをみます。窮屈そうじゃないか、逆に株に対して鉢が大きすぎないかもチェック。

○鉢底に穴が開いているかも要チェック。鉢底穴がない場合、管理がとても難しくなります

○鉢の種類について、金属製やガラス製鉢はおしゃれだが、育成には向きません。素焼きか陶器製、硬めのプラスチック製が無難です。

以上になります。春と秋に関しては、そこまで気を付けなくても大丈夫な場合が多いです。

しかし、それ以外の時期に買う場合はチェックポイントに注意して購入しましょう。

多肉植物購入後に気を付けること

やった、気に入った多肉植物を買ったぞ、一番日当たりの良いところにおこう!

ちょっと待ってください。動物と違い、自分で移動ができない植物は環境の変化に弱いところがあります。

そのため、買った直後の管理は以下のことに気を付けると、調子をくずす可能性が低くなります。

1.最初の1週間は風通しの良い日陰で管理をしましょう。

2.次の1週間は日陰に置きながらも2~3時間くらい、日光に当てましょう。

3.次の1週間は半日蔭の場所に置きましょう。

4.日当たりの良い、西日の当たらない場所に置きましょう。

特に、室内で育てられていた多肉植物は注意しておきましょう。

こうすることで、多肉植物があなたの栽培環境に適応しやすくなります。

以上、多肉植物の購入場所、購入するときの8つのポイント、多肉植物後に気を付けること、を紹介していきました。

今回の記事が、あなたのすてきなベランダー生活の一助になれば幸いです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


花・ガーデニングランキング

-ベランダー

Copyright© Resblog , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.